スマートフォン用ページはこちら

指定運用方法について

指定運用方法とは、掛金に対する運用指図(配分指定)がないまま一定期間経過すると自動的に購入される商品です。
個人型確定拠出年金(iDeCo)に新たに加入した際に運用指図が行われていないと、入金された資産(掛金等)はいったん未指図資産(現金相当の資産)として管理されます。
初回掛金が入金されてから、運用指図がないまま特定期間(3ヶ月)が経過すると、「特定期間経過のお知らせ」が加入者宛に通知され、猶予期間(2週間)に運用指図がないと、自動的に「指定運用方法」の商品が購入されます。

りそな つみたてiDeCoプランの指定運用方法商品は『りそな・ターゲット・イヤー・ファンド』となります。
りそな・ターゲット・イヤー・ファンドは、指定運用方法として自動購入される場合、次のとおり加入者の生年月日に応じた商品が購入されます。

● 1975年12月31日以前にお生まれの方 > りそなターゲット・イヤー・ファンド2030
● 1976年1月1日~1985年12月31日にお生まれの方 > りそなターゲット・イヤー・ファンド2040
● 1986年1月1日以降にお生まれの方 > りそなターゲット・イヤー・ファンド2050
猶予期間経過前後での未指図資産取扱いイメージ
  • 指定運用方法商品は、ご加入されるプランにより異なります。「りそな個人型プラン」の指定運用方法商品は、『りそな据置定期預金「フリーポケット401k」』となります。
よくある質問・Q&Aはこちら よくある質問・Q&Aはこちら