スマートフォン用ページはこちら
確定拠出年金をはじめよう!

必見! 主婦が確定拠出年金に加入するメリットと注意点は?

専業主婦も確定拠出年金が使えるように!

従来の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、企業年金のない会社員か、自営業を営んでいる人しか加入できませんでした。しかし、ライフスタイルが多様化したこと、国民の自助努力による資産形成を目指すことから、この制度に大幅な改正が加わりました。
※2017年の法改正については、下記記事をご覧ください。
2017年から確定拠出年金はどう変わった?

2017年からは、専業主婦・専業主夫(国民年金第3号被保険者)や公務員も、iDeCo(イデコ)に加入できるようになりました。つまり、主婦でも確定拠出年金を使って資産形成ができるようになったのです。そこで、実際にトライする前に、メリットと注意点を押さえておきましょう。

主婦がiDeCo(イデコ)に加入するメリットとして、次の3点が挙げられます。

  • (1)長期での安定した資産形成ができる
    長期間かけて資産を形成する仕組みなので、掛金が60歳まで引き出せないシステムになっています。そのため、毎月無理なく確実に拠出できる掛金の額を自分で設定し、じっくり取り組むことをおすすめします。
  • (2)税制上のメリットが大きい
    掛金の運用に伴って生じる利息・配当・運用益はすべて非課税です。本来なら20.315%の税金が徴収されますが、確定拠出年金の場合はかかりません。そのため、税制上のメリットが大きい制度となっています。
  • (3)資産形成についての知識が深まる
    掛金は、主に定期預金、投資信託などの金融商品で運用できます。そのため、自ら情報収集したり、経済ニュースに敏感になったりするので、資産形成についての知識が深まるのも大きなメリットです。

一方、次の3点には十分に注意してください。

  • (1)任せっきりはNG!情報収集を怠らないこと
    金融商品の運用成果によって将来の受給額が決まるので、基本的な知識と情報収集が必要不可欠です。「口座に掛金を拠出したらそれで終わり」ではなく、そこからが本当のスタートだと思いましょう。新聞・雑誌・インターネットでの情報収集に努めましょう。わからないことは専門家に聞くのも有効です。また、定期的な運用方針の見直しも欠かさないようにしてください。
  • (2)多額の資金運用にはあまり向いていない
    iDeCo(イデコ)では、毎月の拠出額が23,000円までと決まっています。年間276,000円までしか拠出できないので、多額の資金運用にはあまり向いていない制度のようです。逆に言えば、細く長く続けられる仕組みと考えるといいでしょう。
  • (3)余裕を持って申し込みをする必要がある
    iDeCo(イデコ)を始める場合、口座の開設を申し込んでから実際に運用が開始できるまで、平均1~2カ月と時間がかかります。制度が改正される2017年1月付近になると申し込みが増えて、運用開始までにさらに時間がかかってしまうかもしれません。iDeCo(イデコ)は、早く始めて、掛金の拠出期間が長いほど有利になる仕組みなので、「自分もやってみたい」と思う方は、早めに手続きすることをおすすめします。

確定拠出年金に関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-401-987

音声ガイダンス確認後2#を入力してください
(受付時間:平日9時~21時/土・日9時~17時)

  • 祝日・年末年始は受け付けておりません。

お手続きはこちら

Webエントリー

加入資格判定と申込みキットのお取り寄せができます。

「はじめての確定拠出年金」の最新記事