スマートフォン用ページはこちら
iDeCo・確定拠出年金をはじめよう!

iDeCo・確定拠出年金に加入するとどんなメリットがあるの?

iDeCo・確定拠出年金の3つのメリットとは?

最初に、iDeCo・確定拠出年金のメリットを3つ挙げましょう。

  • 1)税制優遇措置が充実している。
  • 2)運用商品が選びやすい。
  • 3)企業型確定拠出年金(企業型DC)の場合、社外に拠出金を積み立てているので、倒産しても従業員の年金資産として保護される。

今回はこれらのうち、1と2についてさらに掘り下げます。

いますぐ知りたい!私はいくらお得になる?(税制優遇金額シミュレーション)ここから先は日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社のページです

税制優遇措置の具体的な内容は?

まず、税制優遇措置についてですが、次の3点が特筆すべき点でしょう。

1)掛金が全額所得控除の対象(個人拠出分)

個人型確定拠出年金(iDeCo)の場合、自営業者は月68,000円、年間816,000円まで掛金を拠出でき、全額所得控除の対象となります。また、サラリーマンは月23,000円、年間276,000円まで掛金を拠出でき、全額所得控除の対象となり、かつ、所得税は原則、年末調整で還付が受けられます。
企業型DCの場合も、本人が上乗せ拠出した金額は同様のメリットがあります。

2)運用益は非課税

一般の金融商品の場合、得られた利息に対し、源泉分離課税(20.315%)が行われます。iDeCo・確定拠出年金の場合は運用益が非課税となるので、利益をそのまま受取れるのも大きな特徴です。

3)受取るときにも税務上のメリットがある

iDeCo・確定拠出年金の場合、運用した成果を年金または一時金の形で受け取ります。ここでも控除が受けられるので、覚えておきましょう。

  • 年金で受取る場合:他の公的年金と合算し、公的年金等控除が受けられる。
  • 一時金で受取る場合:退職金などと合算し、退職所得控除が受けられる。

なぜ運用商品がえらびやすいのか?

iDeCo・確定拠出年金は資産運用の専門家である運営管理機関が運用商品を選定しています。
「たくさんの運用商品の中から、何を選べばよいかわからない」という方でも、一定の商品数に厳選されたラインアップの中から選択することができます。
また、確定拠出年金では、ご自身で運用する商品を複数選択することができます。ラインアップには投資信託に限らず、定期預金などの元本確保型商品も含まれることも多いので、スタート時点では投資信託の割合を低く設定しておくということも可能です。選択した商品や割合は変更することができます。
iDeCo・確定拠出年金向けの投資信託は、信託報酬という運用時にかかるコストが低く設定されているものが多くなっております。長い期間運用することを考えると、運用コストの差は大きくなります。

デメリットもあるけど、資産形成には有効です

ここまで、iDeCo・確定拠出年金のメリットについて説明してきましたが、まったくデメリットがないわけでもありません。iDeCo・確定拠出年金の大きな特徴として、拠出金が60歳になるまで受け取れないことが挙げられます。途中で引き出すことを前提として短期的な資産形成をする場合には向いていないでしょう。しかし、途中で引き出せないということは、長い期間をかけて着実に資産形成ができることでもあります。無理のない範囲で、細く長く資産形成に取り組むチャンスです。「これぐらいなら続けられそう」という掛金をご自分の中で設定して、チャレンジしてみましょう。

資料請求はコチラ

確定拠出年金に関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-401-987

音声ガイダンス確認後2#を入力してください
(受付時間:平日9時~21時/土・日9時~17時)

  • 祝日・年末年始は受け付けておりません。

詳細はこちら

資料請求(無料)

お申込みキットのお取り寄せが送料無料でできます。

「はじめての確定拠出年金」の最新記事