スマートフォン用ページはこちら
確定拠出年金をはじめよう!

あなたの会社は導入済? 確定拠出年金の「マッチング拠出」とは?

企業年金連合会では、企業型確定拠出年金(企業型DC)の導入・運用状況について調査を行っています。
参照:2016(平成28)年度決算 確定拠出年金実態調査結果(概要)

この調査によれば、2016年時点において、企業型DC実施企業の57.1%がマッチング拠出を「実施している」または「導入を検討している」という結果が出ました。前年度の調査では50.4%だったので、着実に導入が進んでいるといっていいでしょう。

ただし、全加入者に占めるマッチング拠出利用者数の割合は平均29.4%と決して高くありません。マッチング拠出の認知度はまだまだ低いのです。不明な点は会社の担当部署に確認するなどして、ご自分の資産形成に役立てましょう。

マッチング拠出のメリットとデメリット

ここで、マッチング拠出のメリットとデメリットについてご説明します。

メリット

マッチング拠出として拠出した掛金は、全額が所得控除の対象となるので、結果として所得税・住民税の負担が軽減されます。

また、年金資産の運用においても有利です。通常の口座(一般口座・特別口座)を利用して、株式などの金融商品を運用して配当・売却益などの利益を得た場合、源泉分離課税がかかります(20.315%)。しかし、マッチング拠出をした企業型DCの口座を通じて得た運用収益には、税金がかかりません。

デメリット

デメリットは、途中解約ができないことです。家族の病気・介護など、不測の事態が生じ、多額の資金が必要になった場合でも、口座に拠出した掛金はあてにできません。このように、多額の資金が必要になった場合、その資金をどう確保するかについても併せて考えておく必要があります。

マッチング拠出を利用する価値はあるか?

結論から申し上げれば、マッチング拠出は長期的な資産形成に有効な手段なので、利用する価値はあるでしょう。
ただし、次の3点に注意してください。

  1. 1)家計の状況をしっかり把握し、適切な掛金の金額を設定しましょう。
  2. 2)運用プラン、掛金の金額の見直しを適宜行いましょう。
  3. 3)「ただなんとなく」ではなく、積極的に情報収集を行いましょう。雑誌・新聞・インターネット・専門家への相談・セミナーを活用してください。

また、マッチング拠出を導入している企業では、利用を促進してもらうために、さまざまな取り組みを行っています。いくつか例をご紹介します。

  • 継続投資教育で説明する。
  • 社内メールや社内報通知等で周知する。
  • 拠出可能額を加入者個人別に提示する。
  • 税制メリットの比較ができる対応を行う。 等

マッチング拠出を考えたら、まずは会社内の担当部署に問い合わせてみましょう。用意すべき書類、具体的な手続き、セミナーなど必要な情報を教えてくれるはずです。

確定拠出年金に関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-401-987

音声ガイダンス確認後2#を入力してください
(受付時間:平日9時~21時/土・日9時~17時)

  • 祝日・年末年始は受け付けておりません。

お手続きはこちら

Webエントリー

加入資格判定と申込みキットのお取り寄せができます。

「はじめての確定拠出年金」の最新記事

ご退職された方

退職後に必要な手続きの確認と、資料の請求を行えます。

退職後に必要な
手続き確認/資料請求

個人型年金に新規で加入の方

個人型年金へ新しく加入する際に必要な手続き確認、資料請求を行えます。

個人型加入時に必要な
手続き確認/資料請求