スマートフォン用ページはこちら
確定拠出年金をはじめよう!

確定拠出年金の「個人型」と「企業型」何が違うの?

個人型と企業型の基本的な違いとは?

確定拠出年金には、個人型確定拠出年金(以下個人型DC)と、企業型確定拠出年金(以下企業型DC)の二種類があります。両者の基本的な違いをまずは押さえましょう。

個人型DC

  • 自分で掛金の金額を決め、自分でお金を出す(=拠出する)。
  • 掛金が全額所得控除の対象となるので、確定申告・年末調整により税金の還付が受けられる。

企業型DC

  • 企業が決まったルールに基づき、お金を出す(=拠出する)(※)。
  • 企業が掛金を負担するので、企業側が会社の損金として処理する。
  • 従業員が一部掛金を負担するケースもある(マッチング拠出)。
    一方、大事な共通点もあります。拠出した掛金の運用は、どちらの場合でも自分が行うことです。掛金を拠出するのは誰か、そして税制上はどう扱われるのかについて、違いを押さえておきましょう。

細かい違いを比較してみましょう

さらに細かく両者の違いを比較します。わかりやすくするために、表にまとめてみました。

  • ※1ここでは、厚生年金基金、確定給付企業年金などを指している。
  • ※2会社の拠出する掛金に上乗せして、従業員が一部拠出するケースもある。

企業型は会社、個人型は自分の意志が前提

ここまでご覧になっておわかりいただけたかと思いますが、企業型DCは会社に勤務している人が対象の制度です。会社の退職金制度の枠内にあるという大きな特徴があります。一方で、個人型DCは個人が自分の意志で掛金を拠出するので、会社とは関係のない部分で運営される制度であるという特徴が指摘できるでしょう。

いずれにしても最後は自分次第です

でも、どちらの場合でも、掛金を運用するのはあくまで自分自身であるという共通点があります。従来の確定給付年金のように、もらえる金額が加入期間などによって決まっているわけではないので、確かな知識を持って、着実に運用することが成功のポイントでしょう。個人型DCに挑戦してみよう、と思ったならば、まずは情報収集をし、必要に応じて金融機関や専門家にわからない点を聞いてみてください。

「はじめての確定拠出年金」の最新記事

確定拠出年金に関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-401-987

音声ガイダンス確認後2#を入力してください
(受付時間:平日9時~21時/土・日9時~17時)

  • 祝日・年末年始は受け付けておりません。

お手続きはこちら